シャンプーで洗うのは髪ではなく頭皮です

2016-07-15_173927

髪を洗うことを“洗髪”と言いますが、私に言わせれば大切なのは髪を洗うことではなく、頭皮を洗うことです。美しい髪は健康な頭皮から、です。

私が頭を洗う手順はこうです。まずは、ブラッシングです。お風呂に入る前に軽く髪をとかすことで、絡まりが取れ、シャンプーの時の余計なダメージを防げます。まず髪とと頭皮をしっかりと濡らししばらく頭皮を蒸すように時間を置きます。できれば体を洗ったら髪を結って湯船につかってしまいます。そうすることで頭皮の毛穴から汗が出て老廃物を押し出してくれ、皮脂汚れが熱で柔らかく溶けやすい状態になります。

頭を洗う体勢は、前かがみがオススメ。一番髪のボリュームが多い後頭部がしっかりと洗えるからです。シャンプーは頭皮で泡立てるのではなく、手のひらである程度泡を作ります。それをまずは頭皮に乗せ、両手の指の腹を使って頭皮をマッサージするように動かします。徐々に泡を広げていき、髪を洗うのは頭皮を洗い終わった泡をスーッと通すくらいで良いのです。

もちろん整髪料をキツく付けていた場合は洗うことが必要ですが、その時も絶対に髪同士をこすり合わせてはいけません。濡れて柔らかくなった髪は、特に傷みやすい状態だからです。洗い流す時はしっかりと時間をかけて。「よし洗い流せた」と思ったら、その後にさらに1分ほど流します。

コンディショナーやトリートメントももちろん大事ですが、私にとってはここまでが一番気を使うポイントです。一つのシャンプーを毎日使っていませんか?私は、乾燥が気になる時、汗のにおいが気になる時、頭皮の汚れが気になる時、それぞれの状態に合わせたものを複数用意することにしています。頭皮にポイントを置いた洗髪、やってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です