年齢に負けない!一番似合う髪型を探しましょう

よく年齢が出やすい部位をがどこなのかと言う話になると、首のシワだとか手を見ればわかるとかいう話になります。しかし髪も年齢によってその質感は大きく変わってくると思うのです。

幼児の髪は、特別な手入れをしていなくても本当に繊細で絹のようだし、少女の髪は思わず触ってみたくなるような艶があります。しかし年齢を重ねる事で手のシワ 減らす髪の質感は大きく変化し、乾燥したりうねりが出たり量が減ったりして今まで通りにはいかなくなります。少女のような髪でいたいと言うのはすべての女性の願いですが、それを実現するためには相当な努力が必要になってくるのです。

2016-07-14_102617

例えばずっとロングヘアにこだわりを持っている女性の場合、同じ髪型をずっとしていることによって自分の髪が理想からどんど離れて行ってしまうのを目の当たりにすることになります。あるいは徐々に変わっていく自分の髪が以前のそれとは異なってしまっていることに気付かず、あるいは直視しようとせずに、髪型にこだわったために年齢より老けて見られてしまう、という事にもなります。

髪は女の命といいます。年齢にあった、より若々しく見える髪型というものがあるはずです。長い髪を短く切っただけで、手入れも行き届き、若々しさを取り戻した人もいます。自分の年齢と向き合い、いままでしなかったヘアスタイルにも挑戦してみれば、自分では気付かなかった魅力に出会うかもしれません。

若い時の自分や、自分の周りの若者と比べて見ても敵うわけはないのですから、今の自分の髪がどうすれば一番いい状態でいられるか、どの髪型が一番今の髪で若々しくいられるのか、ずっと同じ髪型にこだわるのを止めて考えてみませんか。

髪の毛で見た目の印象は大きく変わります。自分の髪の変化と向き合い、一番いい髪型を見つけましょう。

ヘアケアのために心がけてること《洗髪編》

最近ヘアケアについて意識して髪の毛を洗うように心がけています。というのも、髪の毛で人の印象がだいぶ変わってくることに気付いたのです。

ある動画に出ている私が好きなタレント?さんがいるのですが、その方の相方さんが昔とても髪の毛が傷んでいてちょっと目を背けたくなる感じだったのですが、今ではヘアケアをしてからというもの、髪にツヤが出てきてすっかり印象が変わったのです。

以前までは弄られることも多かったのですが髪の毛がサラツヤになってからは、コメント欄には絶賛する声だったり、可愛い!付き合いたい!なんて声も。例えばプリクラでも髪の毛をライトや加工で綺麗に見せる技術が使われていますよね。人の印象を左右する大事な部分なんだなと思い、私もヘアケアを意識するようになりました。

2016-07-12_141322

そこでまず、お風呂で髪の毛を洗うさいに色々と間違いだらけの洗い方をしていたようで、反戦することが沢山ありました。まず、髪の毛にジャンプーを付ける時は、自分の手のひらで泡立ててから使うのが正解。髪の毛でジャンプーを泡立ててしまうと摩擦で髪の毛を痛めてしまうので凄く良くないらしいですね。

そして泡立てたジャンプーで、頭皮にある皮脂をかきだすように優しく洗っていくのですが、爪は立てずに指の腹で洗っていきます。以前までは爪を少し立てて洗っていたのですが(そうしないと洗った気にならなかったり…)、今では泡立ちの良いたっぷりの泡で指の腹を使い正しい方法で洗っています(^ ^)

洗い流す時は湯船のお湯でザバーっと流していたしたが、今は洗面器にお湯を張ってそこに髪の毛をつけて優しく少しずつ洗い流すようにしています。お昼の情報番組で見た知識ですがこれだけの小さな変化でも髪の毛がイキイキとしてきてるので、お勧めのヘアケアですよ( ´ ▽ ` )ノ