男性のうつ病は仕事に影響します

私の兄の体験談です。

兄は約10年前に段々と仕事に行く事が出来なくなってきました。電車に乗ると動悸がしたり気分が悪くなっていったようです。そのうち起きれなくなり、私達家族も変だと思い心療内科を勧めてみました。そうしたら、うつ病と診断され休職を勧められ2か月くらい静かに過ごしていました。

その後、仕事に復帰しましたがプライベートでショックな事が起こった事が引き金で、またうつ病が再発し休職をする事になりました。何度かその繰り返しなため、職場での昇進など無関係な立場となったようですが、クビなどは無い職種なのがまだ救いでした。でも、その後もうつ病が悪化してしまったり、薬の飲み合わせが悪く副作用で体調が悪化し、手の震えや落ち着きが無くなったり本人もどうにもならなくなり、家族で話し合い入院をして、薬の整理をして体調を改善して欲しいと病院側に頼み込みました。

精神専門病院だったため、面会や持ち物の差し入れは厳しかったけれど、本人が徐々に気持ちが安らいでいく姿は日に日に分かった気がします。最初は顔に表情がなかったけど、週末には一時帰宅も許されるようになり大好きな愛犬と触れ合う時の表情もとても良くなってきました。

そして3か月の入院生活を終え帰宅する事になりましたが、本人も不安だし家族も不安の中でした。でも、その後にフォローしてくれた医師との相性がとても良かったらしく、少しずつ普通の生活に慣れてきてそれから約半年後に社会復帰をする事ができました。

最初は職場も気を使ってくれてあまり精神的に負担が少ないようにしてくれましたが、復帰して2年の今年の春から職場内の移動があり、今かなり大変そうです。

男性はうつ病になると簡単に仕事を辞める事が出来ないし、職場内でも良い位置には昇進できないデメリットがあるので、うつ病は難しい病気だと感じています。

薄毛だった学生時代の治療と現在の私の髪の毛事情

私は、学生時代から薄毛で悩まされていました。気になりだしたのは、高校生の時です。頂点部から髪の毛が薄毛になり、同級生に言われた事がキッカケでした。

10代のうちに薄毛になり、薄毛を隠す為に髪の毛を伸ばし、後ろの髪の毛を頂点部の薄いところに持って行き無理矢理スプレーで固めるという見た目も違和感のある髪型をしていました。元から天然パーマという事もあり、上手く薄毛をカバー出来るようになりましたが、毎日髪の毛のセット時間を使い、そのストレスとスプレーを多く使うために髪の毛へのダメージが重なり、薄毛は進行してしまいました。休み日は、ほとんど帽子を被って過ごしていた為に髪の毛が蒸れてしまう事も薄毛の多くの要因だと思います。

2016-07-14_102956

そういった髪型である為に自分に自信が持てずに生活していました。そんな私の薄毛の治療をするひとつのキッカケがありました。大学生2年生の頃、薄毛を気にしないように坊主にしました。全てをさらけ出し、とても勇気がいる事でしたが、隠す事よりも出してしまえばとてもスッキリ生活する事が出来ました。

そこから、薄毛改善との戦いに取り組みました。毎朝頭皮のマッサージを行い、熱湯と冷水を交互に頭にかけて、結構の促進を促したり、薄毛に効果のあると言われている薄毛対策サプリメントなど全てを試しました。金銭的に余裕がなかった事もあり、薄毛の病院や治療の店には通わず、自分で試しました。

多少の効果を得られたものの、満足する効果は得られなかったので、AGA治療をする事にしました。薬を飲みだしてから、4ヶ月で髪の毛は増えてきて、薄毛も減りました。今では、普通にしていても薄毛だと思われないほどに回復しました。薄毛を克服する事は、諦めず治療を続ける事が一番肝要だと思います。

シャンプーで洗うのは髪ではなく頭皮です

2016-07-15_173927

髪を洗うことを“洗髪”と言いますが、私に言わせれば大切なのは髪を洗うことではなく、頭皮を洗うことです。美しい髪は健康な頭皮から、です。

私が頭を洗う手順はこうです。まずは、ブラッシングです。お風呂に入る前に軽く髪をとかすことで、絡まりが取れ、シャンプーの時の余計なダメージを防げます。まず髪とと頭皮をしっかりと濡らししばらく頭皮を蒸すように時間を置きます。できれば体を洗ったら髪を結って湯船につかってしまいます。そうすることで頭皮の毛穴から汗が出て老廃物を押し出してくれ、皮脂汚れが熱で柔らかく溶けやすい状態になります。

頭を洗う体勢は、前かがみがオススメ。一番髪のボリュームが多い後頭部がしっかりと洗えるからです。シャンプーは頭皮で泡立てるのではなく、手のひらである程度泡を作ります。それをまずは頭皮に乗せ、両手の指の腹を使って頭皮をマッサージするように動かします。徐々に泡を広げていき、髪を洗うのは頭皮を洗い終わった泡をスーッと通すくらいで良いのです。

もちろん整髪料をキツく付けていた場合は洗うことが必要ですが、その時も絶対に髪同士をこすり合わせてはいけません。濡れて柔らかくなった髪は、特に傷みやすい状態だからです。洗い流す時はしっかりと時間をかけて。「よし洗い流せた」と思ったら、その後にさらに1分ほど流します。

コンディショナーやトリートメントももちろん大事ですが、私にとってはここまでが一番気を使うポイントです。一つのシャンプーを毎日使っていませんか?私は、乾燥が気になる時、汗のにおいが気になる時、頭皮の汚れが気になる時、それぞれの状態に合わせたものを複数用意することにしています。頭皮にポイントを置いた洗髪、やってみてください。

男性だけのものじゃない髪が薄くなる悩み

髪に関する悩み、と言うと男性の特有のものだと思っていませんか?もしかすると男性が髪の毛に関して持つ悩みと同等、あるいはそれ以上に女性も髪の毛に関してはコンプレックスを抱いているかもしれません。ホルモンの関係で女性は男性の様に薄毛になったりしないとよく言われますが、それだからこそ余計に悩むのではないでしょうか?

女性の髪の悩みとして、一般的なのが量の問題かもしれません。多すぎたり少なすぎたりすれば毎日鏡をのぞき込んでため息をつくことになります。それに加えて直毛かくせ毛か、と言う事もあるでしょう。とても素敵なストレートヘアの方がどうしてもうまくパーマがかからなくて、と嘆いているのを聞いて驚いたことがあります。また逆に、羨ましいほど素敵なウェービーヘアなのにこれが私の最大の悩みなの、と言われる方もいました。

でも、もう少し深刻なのは病気やストレス等で脱毛が多くなってしまったような場合でしょうか。例えば病気治療の過程で投与される薬品による副作用がありますが、投薬治療が終わればその後は必ず髪の毛は生えてきますよと言われても、病気で辛い思いをしている上に髪の毛がごっそり抜けてしまうという事は言葉にできない苦しみを伴うものだと思います。

そして、ストレスによる脱毛で悩んでいる女性ももまた、周りに多く存在します。私自身もストレスが髪の毛に影響する質なのか、円形脱毛症になったり髪の毛が薄くなったりと言う事が時々あるのですが、とても憂鬱な気持ちになってしまいます。抜け毛が多くなる事をストレスに感じる事が余計に髪の毛に悪いような気がするのですが、なかなかに辛い所です。

何となく一般的には、髪の毛の悩みって男性が抱えている問題であるような印象を受けがちで、なるほど世間を見回してみれば珍しくない程度に髪の毛の悩みをお持ちの男性も目にします。でも女性で薄毛になってしまった方ってあまり見かけないだけに、皆さん一人でこっそり悩んだりしているのではないでしょうか?皮膚科も相談先として挙げられますが、もっと頭髪に特化した専門科目とかできると悩みも軽減されるのではないかなあ、と期待しています。

髪の毛が少ないと思う瞬間

私は40代なのですがさすがに髪の毛のボリュームが無くなってきました。仕事がら帽子を着用するのですが、頭が蒸れるのか午後になると頭がとても痒くなり休憩時間に頭をボリボリとかきむしり、その際に髪の毛がパラパラと落ちるのを確認できます。その他に朝起きると枕もとに髪の毛が割と多く落ちており、これは結構髪の毛が薄くなってきたのではないのかと思う瞬間でした。

普段は出かけるときに髪の毛をとかしたり、整えたりする事はあまりないのですが、友人の結婚式に行くときにめったにやらない髪の毛のセットをした所、頭頂部付近が明らかに毛髪がなく、地肌が確認できるほど薄毛になっておりました。とりあえず前髪を後ろに流すようなオールバックに近い形で結婚式に行きましたが、心中穏やかではありませんでした。

家に帰り、逃げてはいけない、真実を確認しなければいけないと、合わせ鏡やデジカメなどで自分の頭皮など色々な角度で観察し、自分なりの結論として、頭頂部の薄毛が広がってきているのだとわかってきました。私の髪質は太めで固く、くせ毛なのでわかりずらいのですが、髪の毛一本一本の隙間が多く、わかりずらい髪質なのですが、髪質の違う細めでしなやか、直毛の人ならば間違いなく明らかにハゲと呼ばれていると思いました。

ほおっておいても治るものでもないのでなにか行動を起こさなければいけないのですが、思い当たるのが育毛シャンプーなどで毛根を綺麗にして育毛剤で発毛を促進させると言う位しか思いつきません。あまりお金もかけられないために高価なヘアケア商品は買えませんが、毎日コツコツと続けていればせめて現状維持できないかと思うばかりです。かつらをつけるのは最終手段だと私の中では思っております。

年齢に負けない!一番似合う髪型を探しましょう

よく年齢が出やすい部位をがどこなのかと言う話になると、首のシワだとか手を見ればわかるとかいう話になります。しかし髪も年齢によってその質感は大きく変わってくると思うのです。

幼児の髪は、特別な手入れをしていなくても本当に繊細で絹のようだし、少女の髪は思わず触ってみたくなるような艶があります。しかし年齢を重ねる事で髪の質感は大きく変化し、乾燥したりうねりが出たり量が減ったりして今まで通りにはいかなくなります。少女のような髪でいたいと言うのはすべての女性の願いですが、それを実現するためには相当な努力が必要になってくるのです。

2016-07-14_102617

例えばずっとロングヘアにこだわりを持っている女性の場合、同じ髪型をずっとしていることによって自分の髪が理想からどんど離れて行ってしまうのを目の当たりにすることになります。あるいは徐々に変わっていく自分の髪が以前のそれとは異なってしまっていることに気付かず、あるいは直視しようとせずに、髪型にこだわったために年齢より老けて見られてしまう、という事にもなります。

髪は女の命といいます。年齢にあった、より若々しく見える髪型というものがあるはずです。長い髪を短く切っただけで、手入れも行き届き、若々しさを取り戻した人もいます。自分の年齢と向き合い、いままでしなかったヘアスタイルにも挑戦してみれば、自分では気付かなかった魅力に出会うかもしれません。

若い時の自分や、自分の周りの若者と比べて見ても敵うわけはないのですから、今の自分の髪がどうすれば一番いい状態でいられるか、どの髪型が一番今の髪で若々しくいられるのか、ずっと同じ髪型にこだわるのを止めて考えてみませんか。

髪の毛で見た目の印象は大きく変わります。自分の髪の変化と向き合い、一番いい髪型を見つけましょう。

ヘアケアのために心がけてること《洗髪編》

最近ヘアケアについて意識して髪の毛を洗うように心がけています。というのも、髪の毛で人の印象がだいぶ変わってくることに気付いたのです。

ある動画に出ている私が好きなタレント?さんがいるのですが、その方の相方さんが昔とても髪の毛が傷んでいてちょっと目を背けたくなる感じだったのですが、今ではヘアケアをしてからというもの、髪にツヤが出てきてすっかり印象が変わったのです。

以前までは弄られることも多かったのですが髪の毛がサラツヤになってからは、コメント欄には絶賛する声だったり、可愛い!付き合いたい!なんて声も。例えばプリクラでも髪の毛をライトや加工で綺麗に見せる技術が使われていますよね。人の印象を左右する大事な部分なんだなと思い、私もヘアケアを意識するようになりました。

2016-07-12_141322

そこでまず、お風呂で髪の毛を洗うさいに色々と間違いだらけの洗い方をしていたようで、反戦することが沢山ありました。まず、髪の毛にジャンプーを付ける時は、自分の手のひらで泡立ててから使うのが正解。髪の毛でジャンプーを泡立ててしまうと摩擦で髪の毛を痛めてしまうので凄く良くないらしいですね。

そして泡立てたジャンプーで、頭皮にある皮脂をかきだすように優しく洗っていくのですが、爪は立てずに指の腹で洗っていきます。以前までは爪を少し立てて洗っていたのですが(そうしないと洗った気にならなかったり…)、今では泡立ちの良いたっぷりの泡で指の腹を使い正しい方法で洗っています(^ ^)

洗い流す時は湯船のお湯でザバーっと流していたしたが、今は洗面器にお湯を張ってそこに髪の毛をつけて優しく少しずつ洗い流すようにしています。お昼の情報番組で見た知識ですがこれだけの小さな変化でも髪の毛がイキイキとしてきてるので、お勧めのヘアケアですよ( ´ ▽ ` )ノ